英語自由空間 FE-Space Blog

blog no.4
Language transferって何だろう?
What is “language transfer”?

ヤーチャイカ「私は、カモメ」というのは女性として世界で初めて宇宙を飛んだロシアのテレシコワさんの言葉として有名です。これ、ヤーは、「私」でチャイカは、「カモメ」なんです。つまり、ロシア語ってbe動詞がない。そのせいで、ロシアの英語初心者は、「私は、カモメ」をI gull.と言ってしまう。つまり、母国語の特徴をそのまま英語を話す時に持ち込んでしまうわけです。こういった、学習者の癖をlanguage transferと言います。日本人の場合、これは深刻で、そもそも日本語の語順から英語とほぼ反対になるため、そうした日本語と英語の違いを意識させてくれるような文法が英語を使って意思疎通する場合には必要になるのです。私は、網羅的な知識の羅列になりがちな既成の英文法の代わりに、こうした「使うための文法」という考えでactivegrammarという文法書にまとめました。http://e-communicators.comにuploadしてあります。
active grammarがどういった内容かについては、また次回お話ししましょう!
本文英訳(参考)
Ms. Tereshkova, when she became the first woman to fly in space, is well known for saying”Ячайка”, in which “Яча” means “I” and “йка” means “gull”. A Russian beginner of English language learning would tend to say “I gull.” In other words, they introduce the features of their own language into English. This tendency is called “language transfer” and for Japanese people, it is a serious problem. Because word order is almost completely opposite, they need to be able to realize such difference between English and Japanese.
I have written a grammar book titled “active grammar” based on the idea “grammar for using English” as compared to other grammar books, which tend to be long encyclopedic lists of grammatical knowledge. It is uploaded in http://e-communicators.com.
I will talk about what this “active grammar” is really like next time!

(By M.Ichiro)

Related posts